全国TOP >> 富山/観光 >> 伏木・二上山 >> 勝興寺

勝興寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

勝興寺とは

勝興寺 勝興寺は、浄土真宗西本願寺派の古刹で戦国時代には越中一向一揆の拠点として勢力を誇った。幾多の遍歴を経て1584(天正12)年、現在の地に築かれ江戸時代には加賀藩の庇護を受けた。
土塁・空濠で囲まれた敷地の中には、総門・唐門・本堂・鼓堂などが立ち並び中世の城郭寺院の佇まいを残している。境内には越中国主・大伴家持が政治を司っていた越中国庁跡の碑がある。
また、今なお残る「勝興寺の七不思議」と併せて散策すると良い。

※現在重要文化財となっている門は、本堂改修中に付き別途倉庫で保存されている。また、櫓などで囲われて見学不可の箇所もある。
今週のランキング:43位 エリア:伏木・二上山
ジャンル:寺院 / 西本願寺 / 古刹 / 七不思議 / 重要文化財 / 大伴家持 / 石碑 /

概要

名称勝興寺
(しょうこうじ)
営業時間9:00〜16:00
休業日無休
料金個人:大人300円、中学生以下無料
団体(20名以上):250円
住所富山県高岡市伏木古国府17-1
電話番号0766-44-0037

アクセス

徒歩:JR氷見線、伏木駅より約5分。
自動車:能越自動車道、高岡北ICより約15分。

伏木・二上山で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

関連サイト

勝興寺ホームページ http://www.shoukouji.jp/

勝興寺ホームページのサイトを確認する

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。