専念寺の境内にある1475年(室町時代中期)作と伝わる和鐘としては県内最古の銅鐘 | 富山観光するなら、富山ガイドへ!" />
全国TOP >> 富山/観光 >> 射水 >> 専念寺の銅鐘

専念寺の銅鐘

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

専念寺の銅鐘とは

専念寺の銅鐘 専念寺の境内にある富山県内に現存する在銘の梵鐘では最古のものであって、富山県の鋳物業発達の貴重な資料となっている。新川郡太田保の面白寺の梵鐘あったが、面白寺がほろび本寺の立山寺に移されていたものを専念寺17世が購入したもの。昭和40年1月富山県指定の文化財となる。
今週のランキング:496位 エリア:射水
ジャンル:建物 / オブジェ /

概要

名称専念寺の銅鐘
(せんねんじのどうしょう)
営業時間終日
休業日無し
料金無料
住所富山県射水市本町3-6-9(専念寺境内)
電話番号0766-84-8066

アクセス

北陸自動車道:小杉ICより車で約25分

射水で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。